プログラミング・IT・英語・数学とか

英検1級、TOEIC満点(990点)、セキュリティスペシャリスト、DBスペシャリスト、ネットワークスペシャリスト。英語とITとか。いろいろ試してみたことを書いていきます

Variability hypothesisとは?

日本語の説明を探してもなかったので、メモ程度にここで説明。ほぼwikipediaの翻訳だけども。。。

Variability hypothesis = 女性よりも男性の方が知性とか能力とか、いろいろな部分で上下のばらつきがあるんじゃないかという仮説

Variability hypothesisは別名でgreater male variability hypothesisというらしい。このhypothsisの和訳が存在するのかわからないけど、和訳するとすれば、「男性の方がバラツキがあるよ仮説」って感じになるのかな・・・?なんかもっと学術的なのつけられそうだけど、そういうの全然わかんないからなーw

ようするに、人間全体で見たときに、女性よりも男性の方が知性とか能力に上下に幅があるということらしい。たとえば知性で言えば、女性は男性よりも平均的な人が多くて、男性はめっちゃ頭いい人が(女性よりは)多くて、また、めっちゃ頭悪い人も多い、ってことっぽい。

よくよく読むと、人間社会だけでなく他の生物でも見つかる現象なんだとか。

ただ、wikipediaを見た感じだと、ただの仮説であって本当かどうかというところまでは証明ができていないよう。

ただの自分の個人の感覚だけど、自分のイメージと照らし合わせると、なんとなくあってる気がする。自分のイメージでは、男性の方がずば抜けて頭がいい人が女性よりも高い割合でいるイメージだし、逆に、男性の方が変な人が多いイメージw (もちろん、このイメージが合っているかはわからないけど。現実世界だけじゃなく、ドラマとか映画とかたくさん見てるから、人工的に作られた現実を見たために、そういうイメージをもっているだけなのかもしれないし)